湘南茅ヶ崎の小さな駄菓子と文具のお店「ants」

茅ヶ崎の海岸通りから少し入ったところにある駄菓子と文具の店 ants

茅ヶ崎駅南口からだと歩いて15分くらいでしょうか。

土曜日の昼下がり、お店の前の駐車場では「ママフリマ(フリーマーケット)」が行われていました。小さなお子さん向けの衣類やおもちゃ、レディース衣類などの陳列がかわいらしい。

「ants」名前の由来がお店にぴったり

店内には駄菓子と文具がところ狭しと並んでいますが、まるで小さな博物館のよう。見ているだけでも楽しくて、時間を忘れて見入ってしまいました。

お店の名前antsは、「お菓子に集まるアリさん」をイメージしているそうですが、その名の通りお店のいたるところに工夫がありました。

お店の入り口には小さなテーブルセットがおいてあり、買ったお菓子をゆっくり食べたり、おもちゃで遊んだり。

お店の片隅にある畳の小上りでは、小さな女の子が靴を脱いでピアノを弾いていました。腰かけるのにもちょうどいい高さです。

店頭には色とりどりのキャンディーが。ピアノを弾いてるお姉さんをおとなしく待っていた妹さんは、自分の顔と同じくらいに大きいペロペロキャンディーをなめていました。「美味しい?」と聞くと「うん!!」と誇らしげないいお顔。

駄菓子もキレイに並んでいます。

大きな駄菓子屋さんでも見つけられなかった「オオニシブロイラーの若鳥の手羽」もついに発見!小さいお店ながら駄菓子の種類はかなり豊富です。

スタイリッシュな文房具は大人も楽しい

私は駄菓子の他に文房具も大好きなのですが、antsさんのセンスの良さに完全にノックアウト!

アンティーク文具も並んでいます。

この鉛筆削り器、夫の実家にあるわ。わが家の子どもたちは電動でしたが、このタイプは壊れにくいしずっと使えますね。

アンティーク好きなご主人のセンスが所々に光っていました。

懐かしいおもちゃやゲームに時を忘れる

「ポケットメイト」って知ってますか?

1975年から1984年まで、タカラトミーが製造・発売していた携帯タイプのアナログゲームシリーズです。迷路、野球、パチンコ、サッカー……、今でもこんなに種類がそろっています。

昭和のコマやヨーヨー、めんこにリリアンなどちょっとずつ飾ってあるので見ているだけでワクワクしました。

レジのわきには、小さな指輪や練り消し、紙石けんなど女の子が好きそうなものがいっぱい。小さなギフトバッグが用意されているので、お友達へのプレゼント探しにくる子も多いのだとか。

地域のコミュニティとして必要なのは、また行きたくなるような空間

お店の奥には学習スペースも。近所の大学生が先生となって学校の宿題や勉強を教えてくれる「自習教室」の場にもなっているので、自分のお子さんだけでなく学校帰りの子供たちでいっぱいになるそうです。

「淹れたての温かいコーヒーをご用意してお待ちしています」

antsさんのブログはいつもこんなご挨拶が書かれていますが、こどもと一緒に来店した子育て中のお母さんも、ホッと一息つけるような心づかいを感じました。

地域のコミュニティとして、自然と足を運びたくなるとても素敵なお店です。

※この記事はお店の許可を得て撮影しておりますので、画像転載はご遠慮ください。

ants
神奈川県茅ヶ崎東海岸南1-21-3
営業日
木・金 13:30-17:00
土   11:00-17:00
※公式サイトカレンダーでご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

ロハコ
スポンサーリンク
スポンサードリンク