『ふ菓子』の鍵屋製菓で、美味しいこわれを買ってきました

なつかしい駄菓子の代表格ともいえる「ふ菓子」は、お好きな方も多いのではないでしょうか?

勉強に、スポーツに」のキャッチコピーと共に、長い間愛されてきた鍵屋製菓のロングセラー商品です。

東京都内のふ菓子工場は数社だけになってしまいましたが、昔、錦糸町駅周辺は昔は甘い匂いが漂うお菓子の街だったそうです。

そんな錦糸町で今も製造を続けている鍵屋製菓さんで、ふ菓子を作る様子を見せていただきました。

ふ菓子の製造過程

黒蜜をかける前のふ菓子。

あ、この状態はまだ「麩」ですね。

黒蜜の液に浸すため、専用容器の中に麩を入れます。手作業で入れるのですが、一瞬の早業に熟練の腕のすごさを感じました。

容器のまま黒蜜の中に何度かくぐらせます。1回で100本くらい作れるそうです。

そして乾燥機から出てくると見慣れた「ふ菓子」になっており、手作業で丁寧に袋に入れて完成です。

とても柔らかいものなので、製造過程で端がかけたり割れてしまったものは、「こわれ」として販売も。

◆動画:ふ菓子ができるまで~鍵屋製菓さん(1分24秒)

美味しいふ菓子をずっと作り続けていただきたいですね。

鍵屋のこわれふ菓子を買ってきました

1袋100円ですが、基本小売りをしていないので、あればラッキーな感じだそうです。

せっかく行くならどうしても欲しいので、私は朝一番で出かけました。

100円でこんなに大量!!

お友達の分と2袋買う予定でしたが、量を見て1袋にしました。

家に帰って袋から開けてみると、思った以上に入っており、ふ菓子好きな友達に早速持って行ったところ、蜜が濃い!!!!と大変喜んでおりました。

「勉強に、スポーツに」是非どうぞ!

パソコン前で食べてたらボロボロしちゃって大変でしたが(^^;

※当記事はお店の許可を得て撮影しておりますので、画像転載はご遠慮ください。

鍵屋製菓

東京都墨田区錦糸4-8-6
03-3622-4664
9:00-17:00
※基本的に小売りはしていません
【アクセス方法】
錦糸町駅北口を出て、高架に沿って右に進みます。

ロッテ会館前の横断歩道を渡りそのまままっすぐ。

道沿い左側にきな粉棒の西島製菓があるので、その角を曲がります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

ロハコ
スポンサーリンク
スポンサードリンク