遠足のお供、明治【超ひもQグミ】が2019年7月で生産終了。

超ひもQグミが生産終了

明治の「超ひもQグミ」が2019年7月で生産終了になりました。

1993年から発売が開始された人気商品、SNSでは遠足に持って行ったという方も多く、懐かしい方も多いのではないでしょうか。

菓子問屋さんのSNSでつぶやきを見かけて、明治さんに電話で問い合わせをしたところ、コールセンターの方も知らずに確認してくださるという状況でした。

グミ市場が不調なわけではなく、製造設備の老朽化が終売理由だそうです。

「子どもたちが好きでよく購入していた」と伝えたところ、貴重なご意見有難うございますとのこと。さすが大手のお客様センター、神対応。

今市場に出ている在庫でおしまいとのことですが、まだお店にはたくさんあるようなので高値で転売されるなどの心配はなさそうです。お店で見かけたら購入してくださいね。

コーラ&ソーダ味、マスカット&グレープ味ともに生産終了だそうですが、最近、グレープ味はほとんど見かけていないかも。

超ひもQ

「食べ物で遊んじゃいけません!」っていわれるけど、ひもQのキャッチフレーズが「楽しく遊んで、食べておいしい」ですからね。
あやとりの発想は完全に昭和です。

SNSでは、超ひもQで縄跳びした、編み物したなんていうつわものも!

昔は「ひもQ」という商品名でしたが、いつの間にか「史上最長超ひもQ」という名前になっていました。発売当時はたしか、スモモとソーダだった気がします。

ひも状グミの長さは今は何と126センチ!
発売当時はどのくらいの長さだったのかしら。

超ひもQグミ

これ、うちの子が小さい頃は、ビヨーンと伸ばして遊びながら食べて、「汚いから早く食べちゃって」なんてよく私から怒られてましたね。パケを見ただけで思い出がよみがえる懐かしのお菓子のひとつです。

【販売者】
株式会社明治
東京都中央区京橋4-2-3

【製造所】
蔵王食品株式会社
山形県上山市矢来4-2-3

【原材料】
水あめ、砂糖、ゼラチン、でん粉、食物油脂/ソルビトール、酸味料、着色料(カラメル、クチナシ)、香料、光沢剤、(一部ゼラチンを含む)

【アレルギー物質】
ゼラチン

【栄養成分】1袋(29ℊ)あたり

熱量 タンパク質 脂質 炭水化物 食塩相当量
97Kcal 2.2g 0g 21.9g 0.006g

明治のグミはほかにもありますが、平成の代表的なお菓子がひとつ終わりを迎えて寂しいですね。

追記 

 

油断したすきに一晩で8個全部なくなっておりました。

息子よ、それはもう貴重なのだよ(涙。

珍しい駄菓子
駄菓子日記をフォローする
駄菓子日記

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました