海外の駄菓子『香港』編。馬頭園地区土瓜湾街市で見かけた駄菓子屋さんレポート

高級店からB級グルメまでそろう美食の街「香港」。

今回の旅では、旅行者があまり訪れることのない九龍(KOWLOON)側の馬頭圍(MA TAU WAI/マータウワイ)地区に宿泊し、早朝の市場を散策してきました。

紅磡(HUNG HOM/ホンハム)駅からバスで約7分。

女人街のある旺角(MONG KOK/モンコック)からタクシーでも50HK$-65HK$くらい(日本円だと750円くらい)。

いい意味で昔ながらの香港らしいローカルな雰囲気を味わえる楽しい街でした。

今回は市場で見かけた駄菓子屋さんをご紹介しますね。

土瓜灣(湾)街市でみつけた駄菓子屋さん

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市

馬頭園エリアの「土瓜湾街市(To Kwa Wan Market)」は、香港の地元の方が利用する市場で、1階が野菜、果物、花屋、フードコート、2階が鮮魚、肉、衣類、乾物売り場になっています。

土瓜灣街市1階野菜売り場

野菜を扱う八百屋さんでは、野菜の根をきれいにカットして並べていました。

野菜を扱うお店だけでも10軒以上あるので、お得意さんが決まっているのでしょうか。

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市野菜売り場

ひとつひとつ手作業で葉を揃え、根を落としきれいに陳列。

土瓜灣街市肉売り場の画像

土瓜灣街市肉売り場

市場の中だけでなく街頭でも見られたお肉屋さんの風景は圧巻です。豚足はもちろん、心臓や顔までほとんどの部位が切ったそばからお店に並びます。さすがに撮影できませんでしたが、1階にはケージに入った生きた鶏もいて、選ぶとその場で絞めてもらえるようです。

ほとんどのお肉屋さんが豚肉でした。

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市魚売り場

お魚も切り身から生きたウナギやカエルまで種類は豊富。

家庭でこんなに新鮮な魚を買って食べているなんて、さすが食の香港ですね。

土瓜灣街市

土瓜灣街市調味料売り場

調味料や香味野菜などは1階に、乾物などは2階にとエリアが分かれているので迷うこともありません。少量から計り売りで購入できるのはいいですね。こんなところで毎日買い物したい!

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市乾物売り場

乾物屋さんでは、豆や燻製類、春雨のほか乾燥めん類などが並んでいました。

乾物屋さんの片隅にお菓子売り場を発見。

ポットやばら売りの駄菓子屋さん

土瓜灣街市駄菓子売り場の画像

土瓜灣街市の駄菓子売り場

ポットに入ったイカやばら売りのスナック菓子など、ほしい数だけ買えるまさに香港の駄菓子屋さんですね。

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市駄菓子売場

キャンディーやチョコレートの大袋からほしいだけ買うことができます。

ヨーヨーやマイクのおもちゃなどもありました。

売店のような駄菓子屋さん

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市駄菓子売り場

また、土瓜灣街市2階の奥のほうにも売店のようなお菓子売り場がありました。

土瓜灣街市の画像

土瓜灣街市駄菓子屋さん

タバコ屋さんがお菓子も売っているのかしら?と思いましたが、どうやらそうではないようです。

こちらで見たことのないコーンのスナック菓子をのふたつ購入。

corn bitsの画像

CORN BITS

フィリピンのお菓子のようです。
お酒のおつまみにぴったりなので街で見かけたら買ってみてください。

馬頭園の街中で見つけた駄菓子屋さん

香港馬頭園駄菓子屋

香港馬頭園駄菓子屋

馬頭園をふらふら歩いていると日本のガチガチャを発見。

駄菓子屋さんというよりもお菓子屋さんですが、店頭にゲーム機があると「おぉ!」と気分が上がり、引き寄せられるようにお店に入ってしまいました。

私が以前香港を訪れたのは香港返還前でしたので、いわゆるガイドブックに載っている場所はきれいになり、ディープな香港の雰囲気は少なくなったなという印象を受けました。なので、馬頭園での古き良き香港のローカルな雰囲気を味わうことができて大満足。

現在「馬頭園駅」を建設中でしたので、完成すれば電車でも訪れることができるようになりますね。

土瓜湾の街中や市場は朝の7時からにぎわっているので、すぐそばの「iclub Ma Tau Wai Hotel 」に宿泊して朝活するのがおすすめです。ホテルは安くてきれいでおすすめですよ(日本人客いないけど)。

詳細はこちら アイクラブ マータウワイ ホテル(富薈馬頭圍酒店)(ICLUB MA TAU WAI HOTEL)

海外の駄菓子
駄菓子日記をフォローする
駄菓子日記

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました